柱工事

    メリット

    ローコスト住宅は、コストを抑えて家を建てることです。様々なメリットが存在します。ローコスト住宅のメリットの一つ...

    Readmore
    部屋の中を走る子供

    安く抑える

    ローコスト住宅を建てることは、建設に掛かる費用を抑えることです。建設に賭ける費用を抑えるには、材質の質を落とし...

    Readmore
    寝室

    建設会社

    ローコスト住宅に限らず、注文住宅でも住宅を建てる際には建設会社に建てて貰います。その際、どういった建設会社を選...

    Readmore

家を安く

フローリング

注文住宅は、自分の作りたい住宅の計画を練り、住みやすい家造りを行う方法です。
近年では、この注文住宅を利用して、価格を低く抑えるローコスト住宅を建てる動きが見られます。

■ローコスト住宅
ローコスト住宅は、家のイニシャルコストを安く抑える住宅のことで、素材を安いものに変えたり、とにかく資金を安く抑えた住宅です。
ローコストには、素材だけで無く、建設会社選びやその工法を選ぶ事もコストに入ってきます。
その為に、様々な工夫や建て方がローコスト住宅に使われています。ローコストの実現は企業の力に掛かっています。
ローコストに力を入れている建設会社は多くあるので、インターネットを活用して探すこともローコスト住宅を建設する事に繋がります。

■住宅の建設費
ローコスト住宅と呼ばれる住宅の坪単価は平均で40万前後と言われています。
坪単価とは、1坪あたりの住宅の建築費の事で、住宅の本体価格を坪数で割った値段です。
しかし、坪単価だけで決めることは危険です。
実際に建物の建築にかかる費用は、本体価格だけでなく、付帯工事などの費用もかかるからです。
付帯工事とは、電気、ガス、水道、地盤改良といった、住宅を建てるのに必要不可欠な様々な工事のことです。
本体価格が安くても、それらの工事費が掛かる事を念頭に置いて住宅を購入する必要があります。

■建設会社
安く住宅を建てるにあたって、建設会社を選ぶ必要があります。
建設会社には、ハウスメーカー、工務店、設計事務所と言われる種類があります。
普通の住宅を買うなら、工期が比較的短いハウスメーカー、注文住宅なら設計事務所といった分野に分けられます。
ローコスト住宅を建てたいなら、工務店を選ぶことが推奨されます。
ローコストに強い工務店も幾つかあり、ローコストのプランが分けられている事もあります。
中には1000万円以内で建てられる住宅もあり、それでも必要な機能は全て揃っています。
注文住宅を活用して、自分で安く抑えるか、工務店やハウスメーカー等のローコストプランで家を建てるか選ぶ事が出来ます。

オススメリンク

住居

住宅の種類

ローコスト住宅と建売の住宅や注文住宅、値段は圧倒的にローコスト住宅のほうが安く抑える事が出来ます。しかし、実際…Read more
柱工事

メリット

ローコスト住宅は、コストを抑えて家を建てることです。様々なメリットが存在します。 ローコスト住宅のメリットの一…Read more
女性の部屋

注意点

建売住宅、注文住宅などがありますが、価格を安く抑える事のできるローコスト住宅ですが、安くするにはそれなりの理由…Read more

関連リンク

アーカイブ

最近のコメント

    カテゴリー